ブロックで造るアパート・マンション|カーサブロッコ

CASA BLOCCO

ブロックで造るアパート・マンション「CASA BLOCCO」とは


ブロックで造るアパート・マンション「CASA BLOCCO(カーサブロッコ)」とはコンクリートブロック組積造の建築です。鉄筋コンクリート造と同等耐久性・耐震性を備えながら、鉄筋コンクリート造より低コストで建築が可能です。工期短縮・廃材カットによるコストダウンを実現。耐久性・耐震性・耐火性・耐熱性に優れているだけなく、外断熱効果・調湿効果・遮音効果など、快適な住空間を造り出す様々な特徴があります。

>CASA BLOCCOの特徴


木造建築より強い

耐用年数はRC造と同じ47年。木造建築より強度が強く銀行からの融資もおりやすいと言われています。

RC造より安い

RC造のように型枠を解体せずにそのまま利用することで「工期短縮」されるのでコストダウンが可能となります。

美しいメーソンリー建築

世界中の歴史的建造物の多くははメーソンリー建築(組積造)によるものです。あなたの街の新しいランドマークになります。


地震にも強い構造体「鉄筋コンクリート組積造」とは?


鉄筋コンクリート組積造が作られる背景

組積造による構工作は、世界で最も普及している伝統的耐火建築構工作です。 組積造最大の特徴は他の構工作では実現できない高耐久・長寿命にあり、築数百年を経た建築物は世界のありとあらゆる場所に存在致します。

そんな中で、旧建築省建築研究所が中心となって研究開発され平成15年告示化された鉄筋コンクリート組積造(RM造)はメーンソンリーと鉄筋コンクリートの要素技術を結合したハイブリット型の画期的な構工作で様々な用途に使用できる技術であります。 鉄筋コンクリート造と同程度の耐震性を確保した壁式構造の耐久壁、壁及び基礎を始めとし、既存建築物の耐震壁の増設や擁壁など様々な用途に使用できます。 しかし、この鉄筋コンクリート組積造には、まだ設計・施工方法や材料における改良工夫や研究開発の余地が多く残されており、関係者の継続的な協力および連帯が必要とされております。

国民が豊かさを実感でき、国内消費に立脚した経済社会の実現


また、鉄筋各子・トラス筋・高性能グラウトなどの使用やPCa部材との組み合わせにより、より進化したメーンソンリー構工法の開発も可能と考えられ、良質なメーンソンリー建築物を実現するための品質管理体制の確立や、優れたメーンソンリー技能士の育成及び全国をカバーする施工ネットワークの構築など、多くの課題も急いで解決されなければなりません。

我が国は急激な少子高齢社会を迎えた中で、低炭素社会の実現に向け、持続可能な安心・安全な生活環境の確保が急がれる中、耐震・耐熱はもとより、高気密、高断熱、高遮音、長寿命で経済性やデザインの耐用性などにおいても優れた住宅の提供は「多くの国民が豊かさを実感でき、国内消費に立脚した経済社会の実現」に必要不可欠であります。

200%の満足と70%の(価格)コストへの挑戦


弊社は「人・心・努力・笑顔・忍耐」を大切に、素直な心で、どんな時も努力をし、笑顔を忘れず、忍耐すれば必ず何かが変わると思います。この建築方法は「大災害がおこっても安心・快適な住宅をローコストで提供したい」「200%の満足と70%の価格を提供したい」という気持ちからこのブロックで作るコンクリート住宅は生まれました。

変化し続ける経済状況、自然環境において家造りに対して感じた課題をすべで詰め込んで解決した自信作です。プロの職人集団というプライドを持ち、日々お客様や協力会社の方々への感謝の気持ちを忘れずに、最高のものをご提供し続けたいと思います。

>当社について

INFORMATION

新着情報
ページトップ